『幸せをこの子達に。。』

我が家に一時預かりで来てくれたワンちゃんの様子や我が家のワン(小春)にゃん(トム)の 日常を気ままに更新できたらと思います(#^.^#)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ごめんね

先に…
今日のブログは痛々しい写真や悲しい写真があるので、見たくない人は読まずに明日以降のブログを見てくださいm(__)m

私の記録と忘れてはいけない記録として残す為のブログです。

金曜日…
小春さんとお散歩に行く時に、家の前に猫さんがいました

目は目やにでガバガバ…
後ろ足を引きずり、前日からの雨で身体はベチョベチョでドロドロ…
かなり弱ってるようだったけど、
『おいで…』
と呼んだら、車の下に隠れてしまった…


小春も一緒だったので、尚更警戒していたのだと思うけど、散歩から帰ってきたらいなくなっていた(._.)
 
いつもなら写真や動画を撮ることはないのだけど、何故か気になって写真や動画を撮ってしまって、その後もずっとどうしてるか…大丈夫か…と頭の片隅にその猫はいました(T^T)

そして土曜日の夕方…
買い物から帰ってきて、家の前の道路の真ん中に黒い物が❕❕
危なくひいてしまう所だった…アブナイ…
降りて見てみると、昨日の弱った猫さんが、より弱った状態で動けずにいました。
目は目やにでくっついてしまい、身体もガリガリで動けない…
『危ないよ…危なくないところに行きな』
と押してみたけど、逃げれない・歩けない感じでした。
このままでは間違いなくひかれてしまう…
どうしよう…

昨日からずっと気になっていたせいか、気付いたら猫を抱き上げて家に連れてきていました。

とりあえず、ガバガバになりくっついてしまった目やにをうるかして、拭くと目から濃があふれでてきました…
吹いても吹いても…やっと目が見えた時には左目はきっとダメだけど、右目は見えている感じ(^^)

身体がドロドロでベチョベチョ…胸と首のまわりは毛玉でボコボコだったので、ブラッシングしながら、汚れている所は拭いたり洗ってりして何とか身体の全貌が見えてきました。

お腹と頭には傷があり瘡蓋が…
右足は折れているようで、膝から骨が少し突き出ている状態…
お尻には条虫と思われる卵が…
条中はシータとパズーの時に経験していたので、今回はあまり慌てなかったf(^_^;)

可哀想に…痛かっただろうに…
野良猫さんの厳しい環境が予想でき、いたたまらない気持ちになりつつも、代表さんに電話をし相談すると、
『出来ることをしてあげよう!』
と言ってくれて…涙が出た…

ゆぱ様の時の事もあるし、なんて思われるだろう…と不安だったから余計にだったのだと思う(T△T)

夜8時頃に猫を連れて代表さんの所に行きました。
あまりもの痩せ方と身体が冷えてる事から、
⚫針のない注射器にad缶を吸わせて、口元に入れてやり、少しでも食べさせてくれ
⚫身体をタオルでくるみ&ゆたぽんで身体を温め
他にも代表さんが思い付く全ての事をしてくれ、
『ちょっと厳しいかもしれないけど、月曜までもてば病院で診てもらおう❕❕それまで部屋を温かくして強制給餌やってみて』
と指示をいただき、なんだか心配で眠れず…
夜中の3時半位にお水と注射器でad缶を口元に入れてあげると、口を動かして食べたので、大丈夫かな?と、寝ることにしました。

朝5時半に目がさめて直ぐに様子を見に行くと…
息をしていませんでした((T_T))

ごめんね…
粘って金曜日に保護してあげたらよかったね…

元気な時は、きっと尻尾の長い美人さんだった事だろう…
最期に月にオカエリと言う意味も含めて

『かぐや』

と名前をつけて火葬してきました(ノ_・。)


今回の事で可哀想な不幸な猫ちゃんを増やさない為に、私からのお願いです。

飼っている猫ちゃんはお外に出さないで…
完全室内飼育をしてください。
今の世の中、昔とは違い完全なる車社会です。
ひかれてしまうと家に帰れないし、治療もできないでこの子のようになっているかもしれません(;つД`)
他にも危険は沢山❕❕
何もわからない動物達…
命を危険から回避させることも飼い主の大事な役割だと思います。

外に出していいことなんて1つもありません(´д`|||)
猫同士の喧嘩などで猫エイズ・猫白血病になることもあります。
ノミやダニやシラミといった寄生虫がつくこともありますm(。≧Д≦。)m
預かりをしているなかで、寄生虫がいる子はいました。
ゆぱ様も猫ハジラミ(現在は駆虫したので本体はいません)がついていましたΣ(´□`;)

ゆぱ様もかぐやと同じくらいガリガリで瀕死な状態だったのですが、よく頑張ったと思います。
凄い子なんだなぁ~と実感…
折角助かった命だもの、本当の家族との赤い糸を探して幸せになってもらわないとね(〃∇〃)







スポンサーサイト

| +その他 | 03:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジョンママさん>

本当に…
次はうちにおいでって思った(*´∀`)
何だろうね~気付いたら…みたいな事ってあるんだなぁ~って、自分でもビックリしたf(^_^;)

| 小春まま | 2016/08/10 11:10 | URL | ≫ EDIT

小春ママさん、きつかったですね、、、。
でも、かぐやは、最後の力を振り絞って小春ママの前に出てきた、
最期の場所を求めて、小春ママのとこにきたと思う。
私だったら道に倒れてるネコを抱き起こせるか自信がない、、ごめんなさい。
でも、最後まで力を尽くしてくれる小春ママだから、かぐやは
最期の時に温めてもらって、ご飯も口に出来た。
道に倒れたままじゃなくて、温かい場所で、ちゃんとお空に帰れた。
小春ママ、凄いよ、頑張ったねぇ。かぐやも頑張ったね。
かぐや、今度生まれ変わったら、最初から小春ママんとこにおいで〜。
今は少し、おやすみなさい。

| ジョンママ | 2016/08/02 08:26 | URL |

ソックスままさん>

きっと、これが野良猫さんの宿命なのかもしれないけど、なんかほっておけなかった~(;´д`)

| 小春まま | 2016/08/02 02:28 | URL |

すずママさん>

本当にそう思います(;つД`)

| 小春まま | 2016/08/02 02:26 | URL |

辛かったですね…
人馴れしてない子を保護するのは、本当に難しいですよね…だから、あまりご自分を責めないで下さい>_<最期に暖かさを感じれて良かったです
どうか安らかに…T^T

| ソックスまま | 2016/08/01 09:57 | URL |

亡くなってしまった事はとても悲しいけれど、人の温かみに触れながら最期を迎えられた事は、かぐやはとても幸せだったと思います。
小春ママさんに見つけてもらって、お水などを飲ませてもらって、名前をつけてもらって。
なんだか心苦しくて月並みな事しか言えなくて不甲斐ないですが、このような悲しい辛い思いをする猫ちゃん、犬ちゃんが一匹でも少なくなる事を祈るばかりです。

| すずママ | 2016/08/01 04:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koharumamablog.blog.fc2.com/tb.php/693-b7350643

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。