『幸せをこの子達に。。』

我が家に一時預かりで来てくれたワンちゃんの様子や我が家のワン(小春)にゃん(トム)の 日常を気ままに更新できたらと思います(#^.^#)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ただいまぁ~♪

金曜日⇒帯広(泊まり)
十勝獣医師会主催による市民公開講座「盲導犬について」に参加
土曜日⇒札幌(泊まり)
・子猫の譲渡 ・盲導犬協会の定期講習会に参加・札幌マリエッタ・
日曜日⇒釧路(帰宅)
・美味しいパン屋さん・ペットランド・美味しいラーメン屋さん

の日程でカイ母さんと満喫してまいりました
。。の前に。。
いやぁ~~歳はとりたくないです(T▽T)
2泊3日出かけただけで次の日はグッタリ。。
若い時は寝ないで遊んでも大丈夫だったのになぁ~~
歳をとるってこう言う事なんですね

さ、何から書こうかなぁ~~
CIMG8650.jpg
ウナも一緒に来てましたぁ~
表情も明るくなり、無理をしなければもう一緒に暮らしても問題ないんじゃないかな?

金曜日はカイ母さんが十勝獣医師会主催による市民公開講座「盲導犬について」
に行くとの事で、土曜に盲導犬協会に行くけど私も便乗しちゃいました
盲導犬にはPR犬もいるそうで、今回は『オスパー君』
CIMG8659.jpg
市民講座がはじまり、盲導犬のお話だと思ったら
まずは盲導犬を必要とする視覚障害者の方のお話からでした。
CIMG8661.jpg
そうなんですよね。。目の見えない方を補助するのが盲導犬。。
まずは盲導犬と一緒に歩く方の事から知らないとですよね(^-^;
全く見えない人が盲導犬を使っていると思っていたのですが、
全く見えないという人は1割の方なのだそうです。
視覚障害の方は審査等はあるそうですが、盲導犬の利用ができるそうです。
視覚障害とは。。
盲導犬協会と言うから盲導犬の事だけをされているところかと
思っていた私。。実は生活訓練と言って、白杖歩行訓練や
点字訓練など、生活する為に必要な事の訓練もするそうです。
生活訓練とは。。
後、視覚障害の方が使っている道具なんかも見せていただきました♪
色を判別出来る機械や靴下がバラバラにならない道具など、
実際に目が悪くならないとわからない事だけど、話を聞きながら
目をつぶってみました。。話声が聞こえるだけで、真っ暗。。
近くに人の気配はするけどどうなってるかもわからない。。
実際に見えないって凄く怖い事だと数秒目をつぶっただけで思いました。
途中、スライドなんかも見ながら盲導犬のお話に。。
CIMG8664.jpg
オスパー君、ずっと待ってます
と、盲導犬のお話は盲導犬協会の見学ブログの時にお話しますね

講座の最後は盲導犬体験
目隠しをして盲導犬に引いてもらうのですが、
何故か私、1番最初にする事になりましたΣ(゚∀゚*)
CIMG8665.jpg
目隠ししているのが私です(;^_^A
トップバッターと言う事もあり、新聞の人とか写真とってました
目隠しすると、外にいるのが逆に怖い感覚。。
CIMG8666.jpg
目が見えない状態で歩くって、凄く怖いんです
オスパーは通常の人が歩くスピードよりはゆっくり歩いているはず
なのですが、私の感覚的には『早いよぉ~~~』と
かなりへっぴり腰になってしまい、オスパーにブレーキかけちゃって、
指導員の方に『背筋を伸ばして、顔をあげて歩きましょう
と言われてハッ!!としました。。
私、せっかくの体験なのにオスパーを信じて歩いてなかったんです
それからはオスパーを信じて自信をもって歩きはじめると。。
CIMG8669.jpg
あら不思議
一瞬でちっとも怖くなくなりましたv( ̄∇ ̄)v
最後は階段1段目までオスパーに誘導してもらったのですが、
微妙な角度で階段に誘導してくれるので転ぶ事もなく足にコツンと
あたる感じで、あ、これ階段?と階段もクリア
CIMG8670.jpg
スゴイねぇ~~感動しちゃいました

私の次にカイ母さんも体験
CIMG8674.jpg CIMG8676.jpg

最後に帯広の新聞の勝毎(かちまい)の人にインタビューされちった
でも、釧路人だから見れないぃ~(T▽T)
私の載っている勝毎持ってる人いたら下さい

講習会が全て終わった後に盲導犬協会の方と色々とお話する事ができました。
今年に入ってから卒業っ子で子犬から飼い、1年経って凶暴に。。なんて
相談があったりしたので、パピーウォーカーさんに預ける時の決まり事
を聞いたりと子犬の新しい家族になる方に少しでもお役にたてたら。。
再び保健所に行くような事があってはいけない。。そんな子が出来ない為にも
聞いた事をお話出来たら。。と思います。

私の中でとても有意義な講習会となったのは間違いないです
色々聞いて書きたい事は沢山あったはずなのに、
私の頭と文章能力ではこの辺が限界みたいです(^^ゞ
スミマセン

 豆知識コーナー 
よく、こんな募金箱見た事ありますよね?
img007.jpg
『ミーナの募金箱』と言うんですけど、名前の由来とか知ってます?
北海道盲導犬協会で初めて育成された盲導犬ミーナ号のミーナから
その名前がついたんですって
ミーナの募金箱
スポンサーサイト

| +その他 | 00:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

せきぐちさん>

とても詳しく教えていただきありがとうございます♪
知らない事ってもの凄く沢山あるんだなぁ~と思いました(;゚Д゚)!
私のブログからせきぐちさんのコメントを読んで、
興味を持たれる方がいるといいなと思います♪♪
コメントありがとうございました(#^.^#)

| 小春まま | 2013/05/22 01:44 | URL |

ねこもりさん>

本当にいい経験をさせていただきました♪
色々な所に行ってみるもんですね(;^_^A

| 小春まま | 2013/05/22 01:42 | URL |

私も盲導犬を支援しています

初めまして。私も盲導犬を支援していて、盲導犬協会の賛助会員で、毎月決まった額(私の場合は1ヶ月に3千円で、クレジットカードから自動的に引き落とされます)を募金しています(^_^)/
 それで、視覚障害者を含め、障害者の方々を支援する方法が、募金以外にもあるので、それをお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉に使われています。
 このセンターでは、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。
 バザー品の送り先のHPは http://www.tumiki.jp/bazar.html
です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、障害者支援の役に立ってもらいたいので(^^)

| せきぐち | 2013/05/21 20:53 | URL |

おおぉ。素晴らしい。私も盲導犬と歩きたかった!!
貴重な体験をしてきたのですね。羨ましい・・・。

| ねこもり | 2013/05/21 14:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koharumamablog.blog.fc2.com/tb.php/114-7b0fcb0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。