『幸せをこの子達に。。』

我が家に一時預かりで来てくれたワンちゃんの様子や我が家のワン(小春)にゃん(トム)の 日常を気ままに更新できたらと思います(#^.^#)

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとうございました(*´︶`*)

釧路に転勤でやってきて、
子宮頸がんになり抗がん剤や手術や治療を乗り越えて、世の中に役立つ自分に出来る事はないだろうかと探して見つけたのが
『釧路アニマルレスキューレッドハート』の一時預かりボランティアでした。

2011年11月26日に初の預かり『茶々』からスタートして約5年と少し…

この度、活動を終了する事に致しました。
何故?
と言われると自分でもわからないのですが、『電池切れ』のような…
やる気スイッチが全く入らずで(T▽T)
歳のせいかな。゚(^ω^;)゚。

レッドハートに入るまで保健所の存在も知らなかった私が、
こんなにも沢山の子が棄てられている・・持ち込まれている事に衝撃をうけ、
それでも何もわからず笑顔でいる子や怯えている子や寂しそうな子や
風邪をひいている子や怪我をしている子・・
本当に沢山の子と接する機会をいただけて貴重な経験でした。
何かある度に泣きつき困らせていた問題児だった私(^^ゞ
いつも代表さんの金魚の糞でくっついて歩き沢山、沢山…本当に沢山笑い楽しかったぁ~.˚‧º·(´ฅдฅ`)‧º·˚.
楽しい時間をありがとう♥>代表さん

沢山のわんちゃんを預かる事で、頭でっかちだったしつけ方の考え方がどんどん変わっていき、
接し方も間違えだらけだった事に気づかされました(^^ゞ

レッドハートを通じて沢山の人や素敵な里親さんとの出会いもありました。
今でも『〇〇元気ですよ~』と写真やメッセージをもらえたり、里親さんを越えてワン友さん猫友さんとしてお付き合いしていただいていたりと(❁´ω`❁)アリガトウゴザイマス

頼もしいレッドハート仲間の会員さん…
沢山助けてもったり、色々困らせたり、
嬉しこと…悲しい事…悔しい事…悩み事…
1人1人の会員さんとの思い出が沢山あり、
どの会員さんも私にとっては本当に大好きな人生において、かけがえのない人となりました。

振り返ると活動以外でもドライブ行ったり、ハンドメイド会やったり、ランチしたり、他にも色々と楽しい事だらけといい想い出ばかり(。•́ωก̀。)グス

続けるという事は本当に大変な事…尊敬です。
私は挫折してしまったけれど、心の中でずっと…ずっと応援しています(*´︶`*)❤︎

5年かぁ~振り返るとあっという間だったなぁ~(๑´∀`๑)

★2011年11月26日~12月24日卒業
『茶々』(現カリン)

初めての預かりっ子
こんないい子が棄てられた事に衝撃を受けたなぁ~

★2012年 全8匹

兎に角、知らない事が多くて犬にも猫にもがむしゃらに一生懸命、全力投球してたかな~(^^ゞ
代表さんとも1番忙しくしていた頃かな?

★2013年 全6匹

猫の飼育崩壊現場を初めて見て、あまりにもの臭いと不衛生さに驚き、避妊去勢の大切さを身に染みて感じた…なんて事が多かった年でした(T^T)

★2014年

譲渡して1年後に放棄されてしまいましたね(T^T)
新しい家族を選ぶ難しさ…
自分の責任の重さを身に染みて感じました。
今は新しい家族に大切にされて幸せに暮らしているぷよん🎵
感謝せずにいられません…ありがとうございます。゚(゚´▽`゚)゚。

★2015年 全3匹

怪我の子、懐かない子、噛む子…
少しレベルアップな年だったのかな~

★2016年 全6匹

最初の頃に比べると落ち着いた感じで預かりが出来たかな~(*^^*)

5年と少しで26匹…
何匹覚えていましたか?
ご報告はしていませんでしたが、
サクラ、シータは既に虹の橋を渡り
向こうで元気に暮らしています(。•́ωก̀。)

振り返ると
誰1匹、同じ性格の子も同じ子もいないわけで、その子その子に合った接し方…心への寄り添い方をいつも手探りで探しながら、自分の子と同じように、預かってる間は本当の家族と思って新しいご家族が見つかるまで暮らしていました(❁´ω`❁)
その分、お別れは悲しかったのですが
反面、本当の家族が見つかった嬉しさもひとしおでした(*´︶`*)❤︎

通常ではこんなに沢山の動物と接する事がない分、色々と勉強させてもらい自分自身が成長させてもらえた事、知らなかった事に気付かせてもらえた事…
本当に恵まれた環境を与えていただいたと思います。
これって、凄く幸せな事ですよね(๑´∀`๑)

このブログを初めたのは、預かった子のいい事も悪い事も知ってもらい、
『この子を家族に迎えたい‼』
と思ってもらえたらと書き始めたのですが、
活動を続けていくうちに、
『終生飼育をする事』
『どんな子達が悲しい想いをしているのか』
『活動の裏側(表に出ない活動)』
なんかも知ってもらいたいと言う気持ちが出てきて、本当にこれでいいのか?
と自問自答しながらも書いた事を読み返して確認する事もよくありました。

譲渡予約会や譲渡先で
『ブログ読んでます🎵』
と言っていただき、恥ずかしいながらも嬉しかった事もありました(๑>؂•̀๑)テヘヘ

私の知らない所で沢山の方に読んでいただき、楽しみにしていただいていた事…
本当に励みになり何度も何度も助けていただきました(*´▽`*)感謝♥

このブログを書く前に過去のブログを全部読み返してみました。
5年と少し…
長いように感じますがブログを読み返すと
アッ‼と言う間で、その時その時の事がまるで昨日のように蘇りクスリと笑ったり、
そんな事もあったっけなぁ~だったりで、いつの間にか涙が溢れ、涙を流しながら読んでいました(T▽T)

人生の中で忘れる事がないであろう、想い出と言う宝物を沢山もらい、
沢山の方に心から感謝をし、

これにて、
小春ままブログは終わりとさせていただきます
☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

『ありがとうございました』



最後に…
自分の子を最期のお別れの時まで守れるように…
終生飼育は勿論の事なのですが、
自分に何かあった時に周りの人が困らないように…
自分の子が保健所に持ち込まれないように…
後見人という形でお願いする人を決めておいて下さいm(_ _)m

それだけでも、保健所で悲しい思いをする子は随分と少なくなると思います。
自分の子が悲しい思いをする事もありません。
言葉が喋れない分、最低限の自分が出来る守り方を考え実行して下さい…

棄てられる子がなくなりますように…
保健所に持ち込まれる子がなくなりますように…
殺処分という事がなくなりますように…

人も動物も幸せに暮らせる世の中になりますように…








スポンサーサイト

| +その他 | 09:56 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。